一般社団法人 蒲郡青年会議所 57th公式サイト
トップページ青年会議所とは例会案内活動報告会員リンク入会案内アーカイブお問合せ
(一社)蒲郡青年会議所 2013年度 10月第2例会
体験!集団避難所生活 支えあう共助の心 ~その時あなたに出来る事~
日時 2013年10月27日(日)
一般参加者受付 09時30分
開会 10時00分
閉会 15時35分

JCメンバー受付 08時25分
開会 08時45分
閉会 16時15分

[チラシ]
場所 蒲郡市立蒲郡南部小学校
事業目的
  • 災害時に起こり得る避難生活を疑似的に体験していただくことで、自分たちのできることを知り、災害時に率先して助け合っていくことの大切さを学んでいただく。
  • 非常時に必要な知識を身につける。
  • 率先して周りの模範となるリーダーシップを習得していただく。
事業背景
  • 2011年3月に発生した東日本大震災は、多くの犠牲者と大きな被害をもたらしました。我々の住んでいる東海地方でも南海トラフを震源とする大地震が予測されています。
    そのような大震災が発生し被災者が避難所に集まった時、人々は混乱し、冷静な判断ができなくなるものと予想されます。非日常の状態は人を不安にさせるのはもちろんのこと、混乱を招き、事態の収束を遅らせる要因にもなりかねません。このような事態においては、救援が来るまで被災者としてできる事を知っており、支えあう力を持って行動できる人の存在が、人々の不安を和らげ希望を持ち続ける事への大きな力になります。
    いつ起きてもおかしくないと言われている大震災に備え、共に支え合うことの大切さを知り、いざという時に率先して行動する意志と知識を持つことが重要であると考えます。
事業内容
  1. 第1講座 「仲間をその気にさせるリーダーを目指して」 (20分)
    委員会メンバーが作成した資料を基に、リーダーシップについての講義を行います。
    JCメンバーには、一般参加者を「生きる」という共通目的達成のために助け合う方向へ誘導できる様に、 サーバントリーダーシップの考え方を学んでいただきます。
  2. 第2講座 「体験!集団避難所生活」
    大地震が起こった後の津波発生を想定して、体育館での避難生活をおくるための避難所の設営を行っていただきます。日常生活では決して見えてこない状況で何をすべきかを座学のみならず体で学び、実際に災害が起きた時に、自発的に行動できる知識を学びます。

    1. オープニングムービー(3分)
    2. セミナー「自助/共助/公助」(60分)
      目的:地震に遭遇した時における対応について学びます。
      愛知防災リーダー支援ネットの太田理事長より講義をしていただきます。
    3. チームメンバーの紹介(10分)
      チームインストラクターが点呼を兼ねてチームメンバーの名前と所属を紹介します。
      名前、所属は分かり易い様に吊り下げネームプレートを付けていただきます。
    4. 食料の炊き出し訓練及び昼食(110分、片付け込み)
      目的:炊き出し訓練として、非常用調理器具の使い方と、身近にある物の活用法を学びます。
      各チーム、役割分担を決め、チームのメンバーで協力して、炊飯と肉じゃが作りを行っていただきます。炊飯は、「ハイゼックス」というビニール袋を使い、「はそり」という釜でお湯を沸かして、お米と水を入れて輪ゴムで締めた「ハイゼックス」をゆでて行います。空き缶コンロの作り方について学んでいただき、出来上がった空き缶コンロと高さを合わせた残りの空き缶を五徳として使用し、鍋を乗せて肉じゃがを作ります。
      ・出来上がった食材は、昼食として食べていただきます。
    5. 集団避難生活の設営(65分)
      災害時に避難所に避難することになった場合を想定して、快適に避難所で生活できるようにチームごとでの設営作業を行います。
      あいち防災リーダー育成支援ネットの太田理事長より設営のヒントを指示してもらい、そのヒントを基にチームで協力して、段ボールとブルーシートを使用して寝る範囲の仕切りを作成していただきます。
      出来上がった後は、あいち防災リーダー育成支援ネットの太田理事長が各チームか作った仕切りを検証しながら使い方や効果を説明します。
    6. 講話「被災地での経験を基に東北から学ぶ事」(60分)
      東日本大震災の被災地であります岩手県大船渡市の(社)大船渡青年会議所から伊藤 言様をお招きいたしまして、現地での経験をお話ししていただきます。
      <対話テーマ>
      ・被災時に現地の状況を見て、何を思いましたか?
      ・避難所は、どんな状況でしたか?
      ・復興活動を行っているときに、どのような助け合いがありましたか?
      ・被災地での経験から、震災に備える私たちに知っていて欲しい事は何ですか?
開催協力
協力種別
協力 蒲郡市安全安心課
特定非営利活動法人あいち防災リーダー育成支援ネット
社団法人 大船渡青年会議所
2013年度報告トップページ
1月定時総会
3月例会
新入会員訓練講座
5月例会
7月例会
8月臨時総会
10月 第1例会
10月 第2例会
新入会員訓練講座 第2講座
11月例会
12月定時総会&卒業式






(社)蒲郡青年会議所を支えてくださる
スペシャルスポンサー様
ご支援頂きありがとうございます!
トップページ青年会議所とは例会案内活動報告会員リンク入会案内アーカイブお問合せ

一般社団法人 蒲郡青年会議所
いっぱんしゃだんほうじん がまごおりせいねんかいぎしょ
東三河5JC
一般社団法人 新城青年会議所
一般社団法人 田原青年会議所
公益社団法人 豊橋青年会議所
一般社団法人 穂の国青年会議所
一般社団法人 蒲郡青年会議所
443-0034
愛知県蒲郡市港町18-23
蒲郡商工会議所3F
tel 0533-68-6534
fax 0533-68-6814
e-mail

一般社団法人 蒲郡青年会議所は、20~40歳までの青年で構成する56年の歴史をもった「明るい豊かな社会(まち)づくり」を推進する公的団体です。
Copyright (c) 2013 一般社団法人蒲郡青年会議所 , All Rights Reserved.
蒲郡周辺の地域情報サイト G-PRESS ジープレス (一社)蒲郡青年会議所はジープレスからも情報発信中!